腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年04月07日

積立の魅力 財テク

ネットの普及によって

様々な積立が手軽に始めることができるようになりました。

金やプラチナ

外貨などありますが


僕は両方やってます。

が正直、儲かってるのか?自分でもわからない。

なんか損してるんじゃないか?とさえ思う事もある。


まぁ儲けようと思ってやっているわけじゃないんだけど

儲かるんなら、儲かるほうがいいにきまっている。


何が良いって、ほんと数百円くらいからもできる事。

金やプラチナは3000円くらいからだったかな?

外貨は数百円から積み立てる事ができる。


たかが数百〜数千円程度でも気がつくと結構な金額になっていること

ほったらかし貯金だね。

無かったもんだと思って、毎月数千円ずつ積立させておくと

気がつくと、何万〜何十万にもなっている。


あらあら、何もしてないのに結構な金額が勝手に積み上がっていく。

大きく損することも無いし

その分大きく増える事もないんだけど


でも気がつくとボーナスもらったくらいの気分にはなれる。

外貨は積立である程度貯まったら

金利の良い定期にぶちこんで、さらに放置。

満期自動解約にして、解約時期が来たら

積立で増えた分を上乗せして、さらに定期にぶち込む。


円でやってもホコリみたいな金利だけど

外貨なら5〜10倍以上は付くから。


まぁでも外貨の定期なんて、余裕の部分の資産でやる事だからね。

無理してまでやる事では無い。


無駄使い防止の無かったこと貯金です。


財布の中の1万円、これが崩れる度に1000円を貯金箱に入れる

無かったこと貯金の代表格

両替手数料と考えて1000円を貯金すると

1万円を崩すのが、ちょっと嫌になって無駄遣いを制限できるようになります。


こういうのも地味だけど財テクの一つだと思う。


あとね、僕は野球が好きだから

今年やろうと思っているのが、誠也貯金

カープの鈴木誠也がホームラン1本打つ度に500円貯金をする。

それだけだと半年で2万円前後だから

打点1に付き、100円も追加しようと思う。


過去にこの野球選手貯金で、

30万貯まる貯金箱2個パンパンにしたくらいですから!!

貯金箱にお金を入れるきっかけを設定してやる事

これも簡単な財テクの一歩です。


野球選手貯金をする場合。

500円玉がない時は、1000円で置き換える。

そして500円が2枚できたら、1000円と交換する。


気になった時に選手の成績を見て(野球好きだから苦じゃない)

それに応じた金額を貯金箱に入れるようにする。

前回どこまで入れたかを記録しとかないと分からなくなるから注意が必要。


財布の中にお金を入れておいても

貯まっていく事は100%ありません。

でも財布から貯金箱に入れるだけで

お金は貯まっていくんですから、不思議ですね。


まぁすぐに貯金を切り崩しちゃう様な人は無理ですけど。


あと、貯金するために両替するのは無意味ですから止めましょうね。


こういう貯金をやると、最初だけいっぱい両替してきて

500円玉をいれる馬鹿な人が居ますけど

それは貯金じゃなくて、ただの両替ですからね。(貯金箱に入れても金利つかないし)

積み重ねてこそ、貯金は最大限の効果を発揮するんですから。

今あるお金を全部500円に両替して貯金箱に入れるのは

銀行に預けているのより、無意味ですから(笑)


あくまでも、日常生活で財布の中にできた500円玉を使うという点がポイントです。

それが積み重ねるという事です。


結局は無駄使いをしない方法と貯金はつながるという事ですね。


この野球選手貯金は野球好きにはオススメ!

もし凄い好きな選手がいて、その選手がメジャーに行ったなら

応援しに行く旅費くらいは貯まっちゃうよ!

入団1年目くらいからやってればね。


ただ最近は電子マネーが増えたから

500円玉が財布にできる機会が減ったのが難点だね。

電子マネーって、浪費を助長させるもんだからしょうがないね。


ラベル:財テク 詐欺
posted by じぶんでつくる君 at 14:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]