腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年12月18日

ウォーキングを馬鹿にすると早死する

正しい事を書きます。

筋肉バカが多々、有酸素運動を馬鹿にした事を書いているので

私が正しい事を教えてあげます。


人間の体が成長期を超えても

筋肉は鍛え大きく、強くする事はできます。

がしかし!!

筋肉バカはそのために

多くのことを犠牲にしているのです。


まず、長生きには欠かせない、持続力というスタミナ

筋肥大すれば、持久力というのは落ちます。

マラソンランナーが細いのと同じ

相撲取りが太っているのと同じ


相撲取りは早死する事が多いですね。

なぜ?

若い時から筋トレして、ボディービルダーになって

筋肥大させた人が、100歳まで長生きしてますか?


どちらかと言えば、筋肉を鍛えているのに

ボディービルダーも早死する人が多かったですね。

50代とか60代でなくなる人も少なくないという印象です。


まぁ寿命というのは、個体差が有ることなので

一概には言い切れませんが


僕は全部食事に関係あると思います。


人間、筋肉は鍛えられても

内蔵は鍛えられませんから。


例えばボディービルダーなんかは、プロテインを多量摂取しますね。

プロテインとはタンパク質の事ですので

タンパク質を多量摂取するわけです。


トレーニング前後にプロテイン飲んだり

さらには日々の食事も、肉食で鶏肉などを食べたりします。


これにより、タンパク質の多量摂取になるわけです。


間違った情報で、タンパク質はヘルシー(健康的)なんて言われていますが

タンパク質を取り過ぎたらどうなるか?

分かってないから、ヘルシー(健康的)とか言えるんですね。


タンパク質を取りすぎれば、

血が汚れ、内臓に負担がかかります。

内臓に負担がかかるから、食べても太らないんです。

さらにオナラも臭くなりますね。


長期的に内蔵に負担がかかったらどうなりますか?

限界を迎え、病気になり、早死になりますね。


じゃぁ、長寿と言われている食事はどんな物ですか?

食卓に、タンパク質の多い料理ばかり並びますか?

並びませんね。


一言で言えば、和食ですね。

最近では、色々な野菜などを少量づつ沢山食べている人が

100歳を超えて長生きしていますね。


タンパク質がヘルシー(健康的)なんてのは

大間違いなんですよ。

まったく必要ない訳じゃないですよ

薬だって用法用量を守ってこそ効果があるので

タンパク質だって同じです、偏っての多量摂取は内蔵の負担になるだけです。


そして運動。

筋肉バカは軽い有酸素運動を馬鹿にした事をよく言います。

これも大間違い。


長生きしてる人が、ムキムキな筋肥大してますか?

してませんね。


じゃぁ、歩けない人が長生きしてますか?

一般的には難しいですよね。当然例外もありますが。


人間の体というのは、何千年も昔から

歩く事で循環するように、進化して来たわけです。


立てば重力で、血液が下に下ります。

それを押し上げるのが、ふくらはぎであり、

歩くことで動く下半身なわけです。


下半身が動けば、心臓だけじゃなく

筋力を使って、血液が循環します。


人間の体というのは、そういう進化をしてきたわけです。

その進化に逆らうという事は、何千年の進化に逆らう事になり

とても難しいという事が、わかりますね。


生きるために必要な筋力は

歩くことで得られる様になっているのです。


大切なのは歩くこと、ウォーキングなのです。


とくに現代社会では、歩くことが少なくなって来ているので

トレーニングにウォーキングを入れるということは

とてもヘルシーだと思います。

老若男女多くの人が最も簡単にできる運動なのですから。


筋トレなんて、必要最低限で十分なのです。


ウォーキングが無駄

なんて事は100%ありません。

長生きしたければ、毎日歩いたほうが絶対にいいです。


膝や腰への負荷もそんなに大きくないですし

歩けば精神的にも浄化され、マイナス思考ではなくなっていきます。

さらに腹筋を使って歩くことにより

腸も刺激され、便通も良くなります。

日のある時間に歩けば、ビタミンを生成する事もできます。


心身ともに歩くことで、循環がスムースに行われる様になるのです。

これこそ健康に必要な事ではないでしょうか。


がしかし、これは

歩き続けた事がある人なら実感できますが

歩くことをしない人には、なかなか理解できない事なんですね。


だからウォーキングを馬鹿にするんですよ。


ヘルシー(健康的)に生きたいなら

歩くことをおすすめします。


多少の健康診断での悪い数値なら、歩く程度で十分に改善できることでしょう。

トレーニングの基礎は歩く事です。

長時間歩けるようになれば、自ずと我慢強くもなっていくもんです。

昔の人は現代人より精神的に我慢強いですよね

だって歩くのが当たり前だったんですから。


posted by じぶんでつくる君 at 18:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]