腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2018年10月27日

透析に関する経験値

透析を受けて、何年か経過しましたが

最近になって気がついた事があります。


透析に関係する人は皆知っておいて欲しい事かな

一言で言うと

透析を受けるのには、エネルギーが結構必要という事。


限界のその先、極限!

前日にその位まで

運動で追い込んでから透析を受けた事があるんだけど
(15kmくらい走って歩いてを繰り返してました)


その時、血圧が下がりすぎて

具合が悪くなりました。


ドライウェイトが厳しい時(太った場合)に起きる症状です。


そして、2日間まともに食事してない状態で透析を受けた事もあります。

その時も同じように、透析中に血圧が下がりすぎました。


病院はこれが起きると、直ぐにドライウェイトを上げようとしますが

そうじゃありません!!


透析に耐えられるだけの、エネルギーが不足していただけです。

同じドライウェイトでも

何とも無い時と、そうなる時があります。


何度か血圧が低くなり過ぎる事を経験して分かりました。

  • 運動で追い込んだ時
  • 食事をしてない時

この2パターンで透析中に血圧が下がりすぎるという事に。


もちろんドライウェイトが厳しい時もそうなるでしょうが

それが全てでは無いという事を言いたい。


そういうパターンもあるという事を

病院には知っておいて欲しい。
ラベル:透析
posted by じぶんでつくる君 at 18:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | 透析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]