2020年09月26日

トクホ系 お茶を自分で入れる

脂肪や糖の吸収を抑えるってトクホのお茶

あれ自分で作れるよね、知ってた?

当たり前すぎてあえて紹介するほどなのか?と思うけど

一応やっときますか。

毎日150円出さないでも自分で作って水稲で持ち歩けば

安上りですよ。

買った方が楽だけど。

家は作ってポットに入れて冷蔵庫に常備してます。

じゃ色々紹介します。

  • とにかく軽い水筒


軽さ約180g とにかく軽い、持ち運びに便利

約500ml入るのでペットボトル1本分は節約できる。

エコだね!

  • 難消化デキストリン
トクホ系飲料の脂肪と糖の吸収を抑えるってのに入ってるもの

水溶性の食物繊維 です。

どの飲料みてもだいたい5g程度しか入っていないので、小さじ1杯入れれば脂肪と糖の吸収を抑えるトクホ系飲料の出来上がりです。

これはとにかく良く溶けます!だまになることは100%ないですね。

デキストリンは取り過ぎるとお腹が緩くなりますので、自分の体と向き合って量を調節してください。

この商品は2000g入りでとても大きいですが、とってもお買い得で毎日家族で飲むようならこれを買えばかなり節約できると思います。

  • 超高濃度茶カテキン

2袋はいっていますが一袋が全然消費できません。

とにかく超高濃度なので、ちょっとしか使えません。

ティースプーンの先にちょっと乗る程度で十分でお茶に追加して、茶カテキンとってます。

これも脂肪燃焼効果があると言われているトクホ系のお茶に入ってますね。

肝臓に悪いとも言われていたりするので、飲みすぎには注意ですよ。

うがいに使うと口の中のたんぱく質汚れをそぎ落としてくれるとか言われてますね。

飲めない分はうがいに使ってもいいと思います。

  • ウーロン茶

これも昔から言われてる、トクホみたいなお茶の元祖ですよね。

脂肪の吸収を抑制してくれる。

コレステロールの上昇を抑えるので現代人には必須のお茶でしょう

これをヤカンで2パック軽く煮出して、濃くして飲んでます。

お茶は煮出すと茶カテキンがでます。

日本茶は煮出さないで飲むので茶カテキンがほぼ取れません。

この元祖の黒いウーロン茶パックが濃くて好きです。

  • 横置き可能なポット

作ったお茶を入れとくポット

横置き対応が絶対にいいと思う。

冷蔵庫のドアポケットに入らない時でも横置きで入れられて便利。

ほとんど毎日デキストリン入りウーロン茶入れて作ってます。

このポットにデキストリンを大さじ3杯入れてお茶を注いでます。

市販のトクホよりデキストリン大分多くしてます。

熱いお茶が飲みたい時は、コップに入れてチンして飲んでます。


現代人は食物繊維が不足しています。

積極的に取りたいですね。

いい腸内細菌の餌になるので、健康維持になると思います。

ヨーグルトと一緒にとれば相乗効果ですね。

  • 最後にノンアルコール

お腹周りの脂肪を減らす とうたわれている

KIRINのノンアルコールビールのカラダFREE

これはさすがに作れないので、毎月定期便に入れて箱買いしてます。

もう数か月飲んでますが効果あるのかは疑問ですけど。

posted by じぶんでつくる君 at 15:54 | 東京 🌁 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ