腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2018年03月31日

たんぱく質の摂りすぎはオナラで知る

アメリカかどこかの研究で

たんぱく質を体重×3.4gの

タンパク質を摂取すると

体脂肪が圧倒的に落ちる

という研究結果が発表されてマッチョ達が

飛びついたとか。


たんぱく質=痩せる というイメージを持ちますが

たんぱく質は太る栄養素です。

摂取カロリーも高くなりますし。


血糖値は上がりませんが、筋肉などが大きくなると

体重は落ちませんから、痩せるというよりは、太る方が正しいと思います。


血糖値が上がると、脂肪になるので脂肪がつきますね。

これも同じように、太りますね。


そもそも、体重×3.4gのたんぱく質量なんて

食事で摂取するのは、不可能に近い。

プロテインでも飲まないと、摂取カロリーが高くなってしまう。


普通の人でも、たんぱく質を取りすぎると

オナラが臭くなります。


これ便利な合図だと思いませんか?

腎臓病でたんぱく質の摂取制限がある場合にも使えますよ。


自分のオナラが臭い時は

タンパク質を取りすぎているかも知れません。

そういう場合は、タンパク質の低い食品に切り替えてみる。


ダイエットして、食事制限してる時は

確かにオナラは臭くない。

でも筋トレしてるからと、タンパク質を取るようになると

オナラが臭くなります。


これ知ってると、知ってないでは

結構大きな違いがあると思います。

体から発せられる注意信号のひとつですね。


たかが、オナラでも

自分の体の中の見えない部分の変化を知れる合図になるかも知れませんね。
ラベル:ダイエット
posted by じぶんでつくる君 at 17:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。