2017年11月09日

【便利情報】残ったお酒の活用

ドンキに行ってみたら

赤霧島が売ってた

白黒はいつでも買えるけど

赤は限定品だから、見た時買わないと

買えないんだよね。


ゴリパラ見てる人なら説明するまでも無いけど

芋焼酎の事ね。

黒が一番、芋強くて、パンチあって好きかな。

でも白もすっきりしてていいんだよな。

ロックなら白の方がいいかもな。基本ロックでしか飲まないけど。

赤は今回初めて飲んだ。


旨い事ネーミングつけるもんだよ。

ほんと色のイメージのまんまかな。

赤といっても、燃えるような赤じゃない、小豆色の赤。


赤は・・・・なんて説明すればいいか、分からん!

白にも黒にも無い癖があって、すっきりでも、パンチでもなく

独特の路線って感じかな?

説明すんの無理!


まぁやっぱり、飲みなれた、白黒の方がいいっす。


ということで、お酒を買ってみたはいい物の

好みじゃなかった時の料理に使う方法!


これだよね。


焼酎はね、こうやって使うと、激ウマダレに進化するからやってみ。


焼酎カップ1(これより焼酎は多くてもいい)

醤油カップ半分

麺つゆカップ半分(濃縮てもストレートでもいい、おいしいと思うもの)


焼酎をなべに入れて、ファイヤー!アルコールとばす
(かなり火が立つので注意してやって下さい)

そこに、醤油と麺つゆを入れてひと煮立ち。

個人的には、アゴだしを更に入れると旨くなる。


これをタッパーとか空き瓶に入れて冷蔵庫で保存する。

肉焼くときに仕上げで入れてもいいし

野菜炒めでもいいし、豆腐にかけてもいい。

手羽元で水炊きした時に、ラーメンスープの醤油ダレとしても使える。


まぁ深みがあって美味しい醤油ダレに生まれ変わるから

是非やってみて欲しい。


簡単鶏スープ

手羽元を鍋に入れて、水から火にかけて1回沸騰させる

ぐつぐつ沸騰したら軽くかき混ぜると、灰汁がでるので

そこでお湯を全部すてて、奇麗な水で軽く洗い流す(血合いがあったら取る)

更にもう1回、水から煮出す。

ネギの青い所と、たまねぎを丸ごと1個入れて(外皮はむいて)

弱火で何時間か適当に煮る。(1〜2時間も煮れば十分)


これで、鳥のスープができる。

表面にチー油(鳥の油)が多めに出るので、適当に取り除く(全部じゃない)

これもタッパーに入れて保存してもいい。


味噌汁椀にネギのみじん切りを入れて

醤油ダレを小さじ2杯くらい入れて

スープを注ぐ。 お好みで胡椒を入れれば

美味しいスープの完成!!


別鍋で中華麺を茹でて入れると、美味しいラーメンになる。


手羽元の他に、豚のスペアリブとか入れてもいいと思う。

最初に出てくる灰汁をちゃんと捨てる事と

血合いをちゃんと取れば、臭くないスープになります。

ツイートして共有して下さい。


posted by じぶんでつくる君 at 20:26 | Comment(0) | 低タンパク レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。