腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2020年01月12日

毎日変わるぬか漬け(菌活)

冷蔵庫でつくるぬか漬け

過去にも記事はこちら



水が出てきたのと

野菜の漬かりが悪くなってきたので

色々と追加したんです。

水とり用に、切り干し大根と昆布



切り干し大根は冷蔵庫にストックがあったのと

昆布も正月用に買ってあったのがあったので

これらの乾物を水分調整ように入れて


あと、香りとかも追加したかったので

安売りしていた大葉(しそ)も適当に入れて


山椒も入れました。

粒が売ってないので、普通の粉のやつです。


そして今日、きゅうりを漬けよう思って

ぬか床を冷蔵庫から取り出し

開けた所


とっても、ぬかのいい香りがしました。

いつも以上にいい香りになっていたので

大成功でした!

臭いだけで美味しそうでした。


そして漬かりが悪く(塩が弱く)なってきたので

塩も適当に追加しました。


2日くらい漬けても、野菜がフレッシュで

漬かりが弱くなって来たら

塩を追加するか、追加用のぬかを追加してます。

今回はぬかが減ってなかったので、ぬかの追加は見送りました。


漬かりの弱いフレッシュなぬか漬けも美味しいんですけどね。


しそは気が向いたら取り出して

細かく切って、同じぬか漬けの野菜の上にかければ

より美味しく食べられます。

ぬか漬けの大根の上に、つけて無い大葉を刻んだのを乗せるのも

とっても美味しいです。

これだけでプロ並の1品料理になります。


また水分吸い終わった、切り干し大根を食べるのが一番の楽しみ。

小松菜や油揚げを買ってきて

ごま油で、漬けた切り干し大根と炒めるだけ。

味はほぼ何もしないでいいくらい!これがまた美味しい。


もう生粋の日本人なので

ぬか漬けと日本茶だけで、十分満足できるんですよ。

下手なお菓子より、よっぽどこっちの方が好きです。


当然ビールなど酒のお供にも最高です。

おかずにもなるし、白飯のお供にも力を発揮します。


ぬか漬けを作るようになって

野菜が冷蔵庫の中で余って、痛んで無駄になる

という事が少なくなりました。


冷蔵庫で保存するので、手間がほぼ無い

毎日かき混ぜなくても大丈夫だし

美味しい野菜が食べられて、食品ロスも減る。


昔の人は本当に素晴らしい物を発明してますな。

とにかく、皆やるべきだと思えるくらい

おすすめです。

posted by じぶんでつくる君 at 20:04 | 東京 ☁ | Comment(0) | 買ってよかったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]