腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年10月23日

2019日本シリーズ 巨人の敗因 ホークス日本一!

みた?日本シリーズ!!

どこをどう切り取っても

ホークスが日本一に相応しかったですね。

守備も、継投も、打線の狙い玉も

全部ワンチームになってた。


巨人は一人ひとり狙い玉も違ってたし

守備もエラーで致命傷にしてるし

小林のリードもシーズン中と同じ相変わらずの

手詰まりリード


じゃぁちょっとだけ書きますよ。


今日の最終戦 巨人は菅野が先発

捕手は小林


たいして、ホークス打線は1回から

スライダー狙いを、全員で徹底してる。


腰が悪くて調子悪いときの菅野は、スライダーが浮いて打たれてるから


チームで徹底してスライダー狙うのはいい作戦だと思う。



対してホークスはベテランの38歳の和田が先発。

初回は完全にコントロール重視で、変化球を主体に投げてる。

もともとコントロールのいい投手なので

とても安心して見てられる。


あのシーズン中の逆玉は完全に意図的だと俺は思ってます。

あんまりまとまり過ぎると、打者が狙いやすくなるから。


そして甲斐捕手 これがまたいい!

初球のボール球の変化球、ワンバンを取りながらも

打者の挙動を完全に目視してる。

素晴らしい捕手になったな、伊達に3連覇してない。


で、変化球主体の1回と違って、2回になったら

今度はストレート主体。

これじゃ打者は予測できない。

2回はこのリードと完璧なコントロールで3者連続三振。


まぁ正直打たれる気がしなかったね、和田&甲斐のコンビで。

甲斐は本当に勝負は早いし、無駄玉投げさせないし

どうやって打ち取るか、イメージ持ってリードしてるから

いいキャチャーだなと思う。


一方の小林

もう何回も同じ文句言ってるけど、言わせないでよ小林くん。


小林は、追い込んでからバリエーションが無い。

決め球コレって決めたら、それしか投げさせない。


今日のグラシアルのホームランも完全に、失敗リード。


ランナーが2人いる状態で

2ストライクまで追い込でから

グラシアルに外のスライダーのボール球

誘い玉、降ってくれればOK!

これを2球続けて、フルカウント(2ストライク、3ボール)


小林は同じ外のスライダーを菅野に投げさせる。

3球続けて外のスライダー 

フルカウントでランナーも2人いるしフォアボールは避けたいという投手心理が働く。


さらに投手心理としては、前の2球のスライダーを振らなかったので

ベースの上で変化させたいと思う。


しかし、グラシアルも2球も続けて外のボール球のスライダーを見逃している。

この時点で、グラシアルはスライダーは捉えられる状態になっている。

スライダーのタイミングは完全に掴んでいる
そういう状態に小林のリードがしたわけです。


そのスライダーが若干高めに甘く入って

完璧にとらえて、3ランホームラン

ホークス3点先制

まぁ菅野もだけどさ、ストレート150km出るんだから

ストレート投げろよ!って思うよね。

小林と菅野の信頼関係の薄さが垣間見えた。


優勝するようなチームのクリーンナップに3球同じ球続けるなんて

甘く入ったら打って下さい!って言っているようなもの。


小林は無駄なボール球要求してカウント悪くして

同じ球続けて、打たれる。


これシーズン中と同じ、小林のリードのパターン。

ほんと追い込んだら、決め球一辺倒の投球させるから。

しかもコースも変えたりしないし、打者の目先も変えようとしない。


いいバッターほど同じ球種を続けたらボールだろうが打つから。


投手心理的にも、フォアボールで出したくないというのもあるし

甘くなるのも考えて、フォアボールでいいとか

そういう意思の疎通ありきで、同じ球続けないとな。


だめな部分が多くて致命傷を負わせる小林に対して

甲斐という素晴らしいキャッチャー

このコントラストが際立って見えました。


ここでもホークスが日本一になるべくしてなったと思えるポイントですね。


で、丸ね

ほんとカープ時代から日本シリーズほとんど打たないから。

今日は一本うったけど、4戦で1安打だからね

これじゃ勝てないよね。


で、戦犯級のエラーを4戦で2回もした山本くん。

この巨人の山本 嫌い。

シーズン中、中日戦だったかな?

インハイのボール球、別に当たってもいないボール球だよ


なのに、投手に喧嘩売るような態度で、睨んでた。

お前が打てないのも

お前がエラーするのも

相手チームのせいじゃないから、そのイライラ相手にぶつけないでほしいね。


こういう態度する選手、大嫌い。

ヤクザかよ、チンピラかよ、って思うね。

当たったならまだしもさ。


神様は見てるよね。

この山本が4試合で2つもエラーして

その2つのエラーが共に失点につながって

負け試合になってるんですよ。


野球の神様ありがとう!

こういう選手がエラーして負けると、ざまぁみろ。って思う。

そんな事思ってても、言っちゃいけないけどね。


狙い玉もそうだし、巨人の打者への攻め方も

ホークスは本当にワンチームになってた。

チームで徹底した戦略が、際立って見えてた。


一方の巨人は全然そういう所は見えなかった。


なにげに守備も徹底的に固かったし。

DHないデスパイネですら、ナイスプレーしたくらいだから。

セ・リーグもホームでこれじゃぁ、地の利が無いね。


どこを取ってみても

ホークスの方が日本一に相応しい。

圧倒的にいいチームでいい戦略をしたといえる日本シリーズでした。

強いチームが戦略も徹底してるんだから

そりゃ10連勝するよ。


打線はそんなに調子いい感じは無かったけどね。

グラシアル以外は全体的に湿ってたし。


シーズン中も主力いないで首位走っていたくらいだから

ガンガン打たなくても勝てるチーム作りはできてます!って感じを見せつけられた。


おめでとう!ソフトバンクホークス

素晴らしい見ごたえのある、勉強になる野球でした。

見てて楽しかったですよ、本当に。


ラベル:プロ野球
posted by じぶんでつくる君 at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]