2020年10月10日

ナックルボールの簡単な投げ方

せっかくの土曜日だけど、台風で暇なので

ナックルボールについて書こうと思いました。

ナックルは魔球の一種ですね

難しい球種みたいな感じしますけど

意外と簡単に僕は投げられます。

まぁ当然安定はしてませんけどね。

  • ナックルボールとは
ゆっくり不規則な回転により空気抵抗がランダムに起き

揺れて落ち、投げた本人すらどういう変化をするか分からない変化球です。

回転がほとんど無いため、打者に一発でわかります

そしてスピードは出ません


正直僕自身は打者に向けて投げた事はありません。

僕みたいにレベルの低い所でやってると遅い球より、

速い球の方が圧倒的に有効で

特に軟式なので。芯でとらえなくても飛んでいくのであんまり使い勝手のいい球種だとは思えません。


ぶっちゃけ変化球はスライダーとシンカーがあれば十分なのです。

  • ナックルボールの握りと投げ方
腕の振りはストレートと同じ、内旋外旋内旋でリリースの瞬間に指先を加速させる

基本的な投げ方で、とにかくそれを崩さない。


ちなみに、ストレートと同じ投げ感でチェンジアップ投げたいなと思って投げてみたら

ナックル系の不規則、スロー回転になったのです。


握り

ncl01.jpg

意識的には、ストレートの中指人差し指を立てた感じ

st01.jpg

ストレートの握り こうやって見比べると結構違うね・・・

親指と薬指で、挟むように握る。

黒板ひっかくような手の形だね

ncl02.jpg

横から見ると、こんな感じ

で、イメージして欲しいのは、ストレートと逆回転をかける というイメージ

中指、人差し指で ボールの上っ面を押し出す感じ

ncl03.jpg

リリースにこういう手の形になって、ボールを前回転させる感じで投げると

回転がほとんどかからりません。

リリース時に、シュッと音がします。

無回転だとボールは揺れないで落ちるだけ、

ゆっくりと不規則な回転になると揺れたりします。


縫い目が不規則な空気抵抗を生み、ボールが揺れるんですね。


当然安定して投げられません、無回転になるときもあれば

普通に回転しちゃう時もあったりします。


リリース時の内旋の動きによって、変な回転になってくれると

いい感じのナックルボールになります。


まぁ腕をちゃんと振れば、チェンジアップにはなると思います。

チェンジアップ目的で使った方が、使い勝手はいいと思います。

これが自己流のナックルボールの投げ方(軟式)です。
ラベル:野球
posted by じぶんでつくる君 at 21:52 | 東京 ☔ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ