2020年05月22日

甲子園をやる方法

春の選抜につづき

夏まで中止

夏は予選もできてないし、練習もできてない

これはしょうがない。

でも春は出場校が決まっている。

練習はできてないかもしれないけど

それだっていいじゃないか。

やる方法を考えよう。


もうでも限られてると思う。

球児たちを宿泊施設に泊めない。

一度にたくさんの球児を集めない。


つまり

春の選抜校で、1回戦だけでもスケジュールを組んでみればいい。

1日1試合にして、トーナメントは無視1回戦のみ。

出場するしないは各学校の自由にさせて

試合の当日に甲子園に行き、試合が終わったら帰る。


航空機だって空いてるから協力してもらって、貸し切りにすればいい。

バスだって空いてるんだから、協力してもらって、貸し切りで移動すればいい。

移動は多少密になるけど、抗体検査くらい実施できれば尚いい。


開会式は選手宣誓の選手だけでやるしかないけど

全世界に中継すればいい。


とうぜん足りないスタッフ等も

プロ球団辺りが、手を貸してあげればいい、医療スタッフとかならいくらでもいるでしょ。

ボランティアはなんとかなるでしょ、大人が力を貸せばいいだけだし。


当然無観客になるけど、こういう条件付きでも

甲子園で試合したいんじゃないか?

特に春の選抜校になった所なんかは


責任とらないために、やらないという選択するのが一番簡単

だけど、それだと何もできなくなってしまう。

やれる事を考えて

こういう条件でどうか?という提案して各高校に聞いてみればいい。

それでもやりたい!というならやらせてやればいい。

参加したくないなら、辞退させてあげればいい。


野球だけをえこひいき、特別扱いしてるわけじゃない。

野球ができれば、ほかもできる。

野球ができないのに、ほかはできるのか?

となっては、誰も得しない。


もう今はやれる事を考える時期です。

大人は責任取りたくない、100%安全じゃない限り

自分の責任になるような事はしたがらないだろう。


でもそれだと、いつまでたっても何にもできないのが当たり前になってしまう。

球児や親にそれでもやりたいか

という選択肢くらい与えてもいいのではないか?


完全中止はあまりにも、アイデアが無さすぎる

どうすれば1試合でもできるのか?

そこを考えるのが、高野連の大人の責任ですよ。

これだけ歴史あり、人生をささげる程の大会にしたんですから。



そもそも、抗体検査やPCR検査数がいつまでたっても伸びない

検査と隔離

これしか新型コロナと戦う方法がないのに

戦うための武器をいつまで経っても増やすことをしない

これは日本が無能な証ですよ。


検査して隔離、検査して隔離

これをしないと経済だって復活できません。

市中に何人感染者がいるか分からない

なんて堂々と言ってられる政治家は、無責任すぎる。

この数か月何も進歩してない。

自粛要請するだけ、延々とそれの繰り返し。

ほんと人一倍高い給料もらってても、なんにも出来ない政治家。

呆れるわ。


税金で給料貰ってる人たちがこんなに

国民の役に立たないとは、絶望しかない。


警察どころか、検察まで落ちぶれて

最近不起訴のニュースが多いと思ったら

仕事してないで、掛け麻雀してんだもんな


日本は終わりだわ。

長期政権でここまで腐敗するとは

黒川を起訴する根性もないよな、今の検察に。


ほんとなんで次々に不起訴にしてるんだか

説明して欲しいわ。

いっつも理由言わないけど、そんなんで検察は機能してんのか?

関係ない話になったけど


とてもじゃないけど、子供たちに説明できる様な

レベルに大人がなっていない。

こんな大人が作った社会の犠牲になってはいけないのに

自分達の事しか考えてない。


あきれ果てて、絶望しかないわ。
posted by じぶんでつくる君 at 23:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ