腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年01月26日

寒い時期の血糖値が高くなる場合

僕は糖尿病では無いんですけど

いろいろと調べてたら

興味深い事があったので、書いておきます。


血糖値を計測する機械

あれは、寒い場所だと正しく計測できない事があるそうです。

そして

インスリン液

これもタンパク質なので、

寒い場所だと効果が得られなくなる事もあるそうです。


未開封の状態のインスリンは

冷蔵庫で保存するので、寒い場所には強いと思ってしまいますが

開封後は駄目なんだそうです。


人がいるような部屋なら置いておいても

そこまで温度が下がることは無いでしょうけど

人が居ない部屋に一晩置くとなると

意外と室温が下がってしまう事もあります。

古い一軒家などは注意が必要だと思います。


そこで考えたのが


発泡スチロールのバッグ

これに血糖値の測定器やインスリンを入れておくのはどうでしょう?


外気との空気の壁ができるので

そこまで温度が下がる事は無いと思います。


それでも心配な場合は

湯呑にお湯を入れて一緒に発泡スチロールの箱の中に入れておけば

暖かい状態で保存できると思いますが

熱湯は止めたほうがいいと思います。(40度前後で十分でしょう)


発泡スチロールの箱を用意するのが面倒くさい場合は

梱包材のプチプチ

あれで巻いて置くのも、空気の壁ができてちょっとはましかも知れませんね。


こういうプチプチのついた封筒タイプが100均やコンビニで売っているので

これが一番カンタンだと思います。


食べてないのに、冬場に血糖値が高くなった

なんて方が居たら、測定器やインスリンの保管方法を見直してみるのも

一つの方法だと思います。


参考になったと思われたら、上のリンクからご購入お願いいたします。
ラベル:血糖値
posted by じぶんでつくる君 at 13:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]