プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2018年09月16日

膝痛の改善方法【かかと走法は故障の原因】

運動してれば必ず痛くなるのは

膝などの関節

日々膝痛と戦い続けている僕が

その原因と対策を書いてみよう!!


運動してなくても、加齢と共に膝が痛くなる事もありますね。

関節は消耗品だから多少はしょうがない

でも長く使えるなら、長く使えた方がいい


膝が痛くなった時に見直すのは

靴!

まず、靴があってないと歩いているだけでも膝に負担がかかる。

膝が痛くなった靴で長時間歩くのは止めましょう。

横幅が大きすぎる靴も個人的には膝が痛くなる。

運動する時は、ピッタリとフィットした靴がいいと思います。


靴も消耗品なので、こまめに新調しましょう。


で、昔言われた記憶がある、嘘情報!


歩く時とか、走る時、

かかとから着いて 足出せって言われた記憶あるんだけど?

あれ、個人的に絶対ウソだと思う。


その記憶があって、走る時とかカカトから着くように足をだして走ると

まぁ膝に負担がかかる。

膝がすぐに痛くなる。


じゃぁどこから着けばいいか?

それは、母子球です。

細かく言うと足の親指の付け根の丸い所。

簡単に言うと、足の前半分を着くイメージ


まず、カカトを着いた場合

足は体より前に出て着きますね。

これ、足を怪我する一番の原因になります。

膝だけじゃなく、肉離れも起きるほど、足に負担がかかります。


誰だよ、こんな情報教え込んだヤツ!

って腹が立ちます。


で、僕が推奨する母子球を着く場合

体より前に足を出して、足の先側を着く事はほぼ不可能です。

なので、体の下に足を落とす感じになります。


これが、正しい走り方だと思います。

物凄く前に行く力が軽く出ます。

その割に膝に負担がかかりません。


でも、なれてないと母子球で走るのは結構キツイと思います。


なれてないと使ってない筋肉にかなりの負荷が掛かるので

最初は無理せず、試すくらいの感じでやって下さい。



日々、膝が痛くならない走り方を考えて走ってるので

これ正しいと実感してます。


あと、どうしても分からないのは

階段を降りる時

これは痛い時はどうやっても痛い。


階段の降りは諦めるしかないかな。

最後に膝を使ったら

ちゃんとケアしましょう。

グルコサミンを摂取して

サロメチールを塗っておきましょう。


最近膝サポーターは持ってますが、あんまり効果を感じないので

最近は着けてません。

今の所、歩き方や靴などで十分サポーター代わりになってます。


ラベル:膝と骨
posted by じぶんでつくる君 at 23:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

プレミアム バンダイ