腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年05月31日

巨人は負けた弱いチームの共通点

今日から交流戦前の最後のカードかな?

中日VS巨人

透析中は広島戦がやってないから見られないから

だいたいやってる巨人戦を見てます。


そして今日は高橋周平の

月間猛打賞の新記録がかかってたのもあり

楽しめました。


あと1本、あれはプレッシャーにもなるし

厳しいのは厳しいけどさ、打ってほしかったね。

長いプロ野球の歴史で月間猛打賞(1試合3本以上のヒット)を8回

9回は前人未到。

川上やイチローでも8回だから

どれだけ凄い記録かわかるよね。

その記録にあと1本まで迫ったんだから、超あっぱれ!でしょ。


で、ちゃんと中日が勝ったから、よかったよ。


巨人が弱いのは嬉しいけど

弱いチームってのは面白いことに共通点がありますよね。


去年最下位だった金本阪神と今年の巨人の共通点を上げてみましょうか。


日本で実績のない外人にクリーンナップを打たせる。

金本=ロサリオ 原=ビヤヌエバ(開幕時3番打ってた)


あと、原は今日カード初戦にルーキーの高橋を先発させましたね。

エースのローテですからね、これは酷だわ。

菅野の代わりをルーキーにさせるって、酷だわ。


こういう起用はたまにハマることもあるけど、それは名将がやる事。

1年目の選手を柱にするって、チーム状態が悪い証拠。

強いチームは実績のある選手がチームの柱になる。


その2

打ち勝とうとする。

金本も原も、打って勝とうとする監督色が強い。

打線なんて水物、打てる日もあれば、打てない日もある。

だから足だったり、フォアボールだったりと

確率を上げる作戦があるんですよね。


だけど、そういうのほっぽらかして

とにかく打って点を取ろうとする。


野球は点取るスポーツである反面

アウトをとるスポーツでもあるわけで

アウトを取る能力が低いまま、勝てる事は100%ありませんから。


逆を言えば、簡単にアウトにならない様にする事も重要って事。


いかに効率的に、相手にチャンスを与えずに

アウトを積み重ねていけるか、これが野球では一番大切な事。


逆をいえば、簡単にアウトにならずにいけばチャンスがあるって事。


矢野と金本 あんまり変わってない様に思えるかもしれませんが

僕は180度変わったと思います。

矢野は打ち勝とうとしてないですからね。

そして新外国人を4番に据えてないですからね。


だから粗目の外人でも下位でホームランが打てる。

ロサリオだって使い方良ければ

きっと数年で阪神の主軸になれたでしょうね。


足を使うようにしてる所も全然違うし

強いて改善点を言うなら、守備を固めて固定する事ぐらいかな。

それができればリリーフは強いし

守り勝てるいいチームになるでしょうね。


阪神も嫌いだけど、去年と違いいいチームなのは認めざるをえない

だいぶ若いけどね。


巨人に足りないもの、阪神と広島は全部持ってる!!

ということですよ。

ラベル:プロ野球 野球
posted by じぶんでつくる君 at 23:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]