腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2019年02月27日

ダイエットの新常識

ダイエットの知識は常に仕入れているつもりです。

最近知ったのは

体内の糖はだいたい半日くらいで消費されるということ


つまり

体内の糖が無くなると

脂肪が燃焼されるということ


脂肪をエネルギーとして使うには

ケトン体というのが必要。


ケトン体はちょっと前に、ココナッツオイルで流行しましたね。

炭水化物を抜いて、ココナッツオイルを摂取すると

ケトン体になって、脂肪をエネルギーとして燃焼してくれる


モデルとかが摂取していて話題になり入手困難になりました。

がしかし!


今はココナッツオイルなんて簡単に買えます。


このダイエット手法を利用して、無理なく脂肪燃焼効果を上げてみたいと思います。


やり方は簡単。
  • 体内の糖を消費させる
  • ココナッツオイルを摂る

ポイントは、12時間で体内の糖は消費されるという所


つまり、晩ごはんから12時間経過するまで

何も口にしない事!!

※やってみると、寝る時間があるから意外と楽です。
スマホでタイマー掛けておけば楽ですね!

12時間経過したあとの朝食がポイント


せっかく体内から糖が抜けて、脂肪燃焼しようとしている所に

糖質を取ってしまったら、意味がないので


ここでは、プロテイン代わりの朝食を取ります。

※プロテインを摂取できる人はプロテインでいいと思います。


僕が選んだのはコレ!!
ビタミンが11種 ミネラル2種 食物繊維に乳酸菌が加えられていて
カロリーは40%オフ

タンパク質は1杯あたり 1.5gくらいです。

これはお湯で作ると書いてありますが

プロテイン代わりにするので、牛乳で作ります。


牛乳にココナッツオイルを入れてレンジでを温めてから

乳酸菌ココアを入れます。

暖かい牛乳だとスプーンでかき混ぜる程度で溶けてくれます。

甘みは抑えめで、軽い感じのココアです。


朝食はコレで我慢します。

昼食は食べすぎない程度に好きなものを食べて良いでしょう!

晩ごはんは糖質を少なめ(ほぼ取らない)食事メニューにする。


これで意外と無理なく、体内の糖を消費して

脂肪燃焼する時間もそれなりに取れるという1日のダイエットメニューが完成です。


脂肪を燃焼させるポイントを抑え

激しい運動をしたり、厳しい我慢もしないで効率的に痩せる方法だと思います。


ラベル:ダイエット
posted by じぶんでつくる君 at 13:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]