2017年11月12日

力士の体は後ろが命

買い物に出かけて、急いで帰ってきたら

なんとか稀勢ノ里の相撲に間に合った


だめだ

稀勢ノ里

体が弱い。

筋肉が盛り上がってない。

特にお尻からももにかけての細いこと

下半身のトレーニングしてないというか

ぶつかり稽古不足だな。

まぁ玉鷲は怪我しても出続けた意地があるだろうし

いい相撲とってるからな、こんな体で勝てる相手では無いな。


こりゃ、白鵬が優勝だ。


前に出る力ってのは

体の後ろの筋肉だから

田子ノ浦の力士って、体の後ろが全然盛り上がらないんだよな。

だから体大きくても、押し負ける相撲ばっかり。

まぁ主に高安の事だけどさ。

高安は横綱にはなれない。


ぶつかり稽古不足すぎるって感じ。

科学的トレーニングより基本的なこと

すり足、鉄砲、四股とぶつかり稽古 これが足りてないんだろうな。


白鵬なんか

後ろの筋肉ばっちり盛り上がるもんな。


今場所の楽しみは朝乃山かな。

タグ:相撲
ツイートして共有して下さい。


posted by じぶんでつくる君 at 17:58 | Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。