腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2015年09月03日

餃子 低たんぱく質 レシピ

ラーメン、チャーハン(焼飯) とレシピが出揃ったので

最後の、餃子と行きますか。

餃子は肉入れなければ、そんなに高たんぱくにはならないので
簡単です。


餃子の皮も、厚みとか大きさとか色々あり
たんぱく質も結構違うので、よく見て買って下さい。


肉なし、野菜餃子

材料
キャベツ、細切りたけのこ、紅しょうが


細切りたけのこはこういうのが売ってます。
食感のアクセントになります。

これだけで行きます。
調味料も入れません。
紅しょうがが、アクセントになります。

作り方は簡単

水につけカリウムを抜いたキャベツを微塵切り機に入れます。

こういうのが、ホームセンターとかキッチングッズが豊富な所で売っています。
1000円ちょっと超える程度で売っているので1個持ってると重宝します。
また、原理的には同じなので、ミキサーでも代用できるかもしれません。

キャベツ、たけのこ、紅しょうがを入れ、微塵切りにします。

量の目安は、キャベツは片手で持てる程度
たけのこも軽く一掴み程度
紅しょうがはお好み(箸で一つまみ程度 好きな人はちょっと多めに入れて)

まぁ、微塵切り器に入る程度で調整して下さい。

キャベツは100gでたんぱく質は1.3g
たけのこは100gでたんぱく質3.6g

たけのこは少量なので、たんぱく質は多くはならないです。


で、微塵切りにした材料を皮につつむだけ。

ポイントは、皮に具材はあんまり入れない事
肉が入ってないので、材料が固まりません。
少量を包むイメージで

(一口餃子を作る感じ)

つつむのが結構めんどくさいので、軽く閉じる程度でも大丈夫です。


つつみ終わったら焼くだけ。

肉を使っていないので、皮に火が通れば食べられます。


フライパンを暖め、温まったら一旦火を消します
ごま油を引き、餃子を並べる。

火をつけ、焼き色を付けます。

焼き色がついたら、少量の水を入れ、軽く蒸し焼きにします。

水が無くなったら、ごま油を軽く回しかけパリっと焼き、完成。


羽根付きを作りたい人は、水に片栗粉を溶いて入れれば、羽根付きになります。
片栗粉は少量。


つくるのは、めんどくさいけど
数を食べても、たんぱく質がそんなに多くないので良く作ります。
満足感も多く、ノンアルコールビールとの相性もいいですし
ご飯のおかずにもなります。

紅しょうがのアクセントがおつまみ向きです。



posted by じぶんでつくる君 at 14:12 | 低タンパク レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする