腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2015年05月07日

iPS細胞だの 再生医療だの


よく分かってないけど、細胞から臓器を作れるんでしょ?

そして、将来的にはその臓器を移植したり

できるようになるんですよね?


もし、IGA腎炎の自分の細胞で腎臓を作ったら

やっぱり、IGA腎炎の腎臓ができるんだろうか?


でも、IGA腎炎の腎臓だとしても20〜30年は

それなりに働くので

その腎臓を自分になら移植しても、問題ないんじゃないかと思う。


再生医療で作ったIGA腎炎の腎臓が
20〜30年 普通に働くかは分からないけど

どうせ今の移植だって、十年以上待って
何年もつか検討もつかない腎臓を移植するんだから

それなら、IGA腎炎でも自分の細胞から作った
腎臓をすぐにでも移植できる様になった方が

いいように思う。

ラベル:再生医療 iPS細胞
posted by じぶんでつくる君 at 09:49 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする