腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2015年04月16日

減塩とダイエット

塩分取ると

体が水分を欲します

そして、その水分を溜め込みます。

なので、むくんだりしますね。

だから、ダイエットするなら、塩分も抑えた方が
効果的だと思います

でも汗かくほど、運動するなら
塩分は必要です。

牛丼屋で、牛丼と味噌汁を全部食べると
WHOが定めた一日の塩分 5gを超えます。

いくら安いからとは言え
健康を失っては、何にもならないですね。

1日分を1食でオーバー
3食外食したとしたら、3日分くらいは塩分を摂取してるでしょう。

また、居酒屋でお酒を飲みながら、食べ物を食べれば

必要以上に塩分の多い、つまみになっているので
考えただけでも、居酒屋で食べ物を食べるのは恐ろしいですね。

とにかく、毎日外食したり
毎日、外でお酒飲んだりしてたら
よっぽど、運が良くない限り

何かしらの、病気になる って事は言えるでしょうね。

だから、現代人は病気になる人が多いんだと思います。

バランスですね。
あと、利益優先のお店では、飲食しない。

食べ物より、スープ系は特に塩分が多いです。
外食の場合スープは、飲まない様にする。

牛丼屋でいうと、牛丼は塩分2gちょっと
味噌汁は3g以上

出汁をとるのは、原材料が高値なので、
出汁の味をカバーする為に塩分が多くなるんですね。

美味しい味噌汁なら、出汁がちゃんと取ってあるので
塩分なんか多くしなくても、美味しくなる。

美味しくない味噌汁で、3gも塩分取るなんて
馬鹿馬鹿しいですね。
posted by じぶんでつくる君 at 08:10 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする