腎臓病低タンパク質レシピ

豚しゃぶ こんにゃく 焼肉
腎臓病食  ラーメン腎臓病の低たんぱく質食
餃子低たんぱく質 レシピ カレー
チャーハン 焼き飯 レシピ 叙々苑 サラダ レシピ
腎臓病食レシピクリームシチュー 腎臓病食レシピ じゃがいもグラタン
腎臓病食レシピマロニーの食べ方  
プレミアム バンダイ プレミアム バンダイ
2015年02月22日

腎臓病食 レシピ ラーメン

僕は、ラーメンが好きです。

でも外食のラーメンは、食べれません。

たんぱく質もそうですが、塩分が恐ろしく大量に

入っていそうなので、外食のスープ系は

怖くて食べられませんよね。

だから自分で作ってたんです。

今回は、そのレシピを紹介します。

昔ながらの、醤油ラーメンです。

どうしても、ある程度の塩分は入ってきてしまいますので

なるべくスープは全部飲まないで、残すようにして下さい。

まず、基本的な、調味料から


中華味(普通のスーパーに売っています。)
減塩の鶏出汁の素でもいいですけど、個人的に中華味の方が美味しい。


たしわりつゆの素(塩分、リン、カリウムを減らしてある専門商品です)

ゴマ油

次に、基本的な食材。

○ ねぎ

○ お好みで (メンマ、もやし、わかめ、ゴマ)
  メンマやわかめを少量いれると、よりラーメンらしくなります。

○ 中華麺(3分の一〜半分の量)
  生めんタイプでスーパーに売っているものです。
  だいたい、100円未満で1人前売っています。

たんぱく質が10g前後あるので、自分の体に合わせて
量を調節してください。

○ マロニー(太麺)

好みですが、中華麺の太さとマロニーの太さを合わせた方が良いと思います。

太麺が好きなので、僕は中華麺もマロニーも太麺にしてました。

もちろん、マロニーは麺の量ましとして使用します。

量まし必要ない方は、マロニー無しでもかまいません。


■ 調理手順

ネギやわかめは、水に浸して、カリウム抜きをして下さい。
スープを飲まないなら、気にしないでもいいかも。

量は好みですが、食べられる範囲の量の少量で。

○ ゴマ油をなべに引き、ネギ、を炒める。

○ ネギに軽く焼き色がついたら、メンマ、わかめ、ゴマ等その他全部入れる。

○ かるく炒め、水を入れる。(ラーメン丼1杯半分くらい、ちょっと多めにする)

○ 中華味(減塩の鶏出汁でも可)を入れる。 味見して、薄めの味が付いていればOK

○ マロニーを入れる(中華麺の量より、少なくするのがポイント)

○ 沸騰してきたら、マロニーが若干やわらかくなるまで、弱火にして待つ。(2〜3分くらい)

○ マロニーが多少固めで、食べられそうになったら、たしつゆの素を入れる。
  ここで、最終的な味付けをします。ある程度塩気が無いと美味しくないです。
  あと、先に味付けしてしまうと、マロニーやスープが塩辛くなるので注意。

○ 中華麺を入れて、鍋で1〜2分煮込む。
  (麺だけ別でゆでてもいいですけど、僕はめんどくさいので、一緒に調理してました。)
  若干スープにとろみが付き、味も絡むのでいいと思います。

これで、完成。

厳正に計ってないのですが、たんぱく質は、麺だけで4〜6g程度
ネギや、メンマ、わかめ、ゴマ(たぶん、合計で2g〜4g程度)
スープもほとんど飲まないので、そんな気にしないで大丈夫だと思う。

たんぱく質も6〜10g以内で収まる、ラーメンです。
マロニーも中華麺とまざると、意外に美味しく食べられます。

めんつゆより、中華味の味が強い方が、ラーメンらしい味になります。

スープは、昆布だし、かつお出汁、鶏出汁が入っていて、
旨みも十分入っています。

プラス椎茸だしの素も入れれば、完璧になると思います。

粉末があるので、少量入れると、より複雑な味になります。

あと、ホタテ出汁の素も今はスーパーに売っているので

これも少量入れると良いと思います。

あくまで、少量です。入れすぎると、エグくなるので。
posted by じぶんでつくる君 at 12:14 | Comment(0) | 低タンパク レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]